証券取引所の仕組みとは

gf1940270332m

 

証券取引所は、様々な証券の取引を約定させるシステムを持っています。具体的な仕組みについてですが、これには投資家と証券会社とが登場します。投資家は証券会社に注文を出します。そして証券会社はその注文を合計して取引所へと送ります。取引所では一定のルールに基づいて買い注文と売り注文とを組み合わせて、売買を成立させています。1秒間に1,000回以上行われているのです。

 

 

過去には、取引は人と人とが成立させていました。証券会社の担当者が取引所の担当者と取引を行っていたのです。ですから、証券会社で働くためには体力が必要だったのです。

 

 

しかし、最近では多くの取引所で電子化が行われています。インターネットとコンピュータの技術が普及したことによって、これが可能になったのです。そのため、投資家が注文を出せば、証券会社のサーバーで処理されて、すぐに取引所のサーバーへと注文が送られます。このようになっていますから、ほぼリアルタイムに注文は処理されるのです。注文を出せば、ほとんどタイムラグを感じずに注文が約定することは、すでに多くの人が知っているでしょう。すぐに処理はされるのですが、一旦証券会社で注文が集計され、それをもとにして取引所に注文が出されています。

コメントは受け付けていません。