株式投資の知識特集

株式投資は誰でも気軽に行うことが出来る取引です。

 
基本的に、株取引によって銘柄を買うときにはその情報を簡単に取得できるようになっています。
何故かというと、上場している会社は投資家に対して自社の情報をきちんと発信しなくてはいけない法律的な義務を負っているからです。
これは実際に上場している会社のホームページなどに行けばすぐにわかりますが、必ず会社のホームページ内にIRという情報を発信するページが存在しています。

 
IRは株を購入しようと考えている人に対して発信する情報ですので、この情報を見ればその会社がどのようなことを行ってどのような業績を残しているのかが簡単にわかるようになっているわけです。

 
ですので、株取引で銘柄を選択するときにはまずこうしたIRによって会社ごとの情報を整理しなくてはいけません。
また、市場全体の傾向として日経平均株価という指標が存在します。

 
日経平均株価はその日の市場の売買の気配を表示してくれる非常に良い指標になっていますので、この指標を見ることによって比較的簡単にどのような日に売買を行えば良いかがわかるようになります。

 
このように、個別的に見る情報と全体の指標によってバランスが取られているのが、株取引の特徴なのです。